格安航空ジェットスター・ジャパンでお得に東京帰り

飛行機の旅行が贅沢だったのも昔の話

格安航空という言葉が登場して久しいです。
かつてはサービスのクオリティも、航空券代も高い、大手航空会社しか選択がなく、空の旅というとかなり贅沢なものというイメージがありましたが、多くの格安航空が参入することにより、飛行機を使った旅のハードルも随分下がりました。
そんな中でも、私はジェットスター・ジャパンのおかげでかなりお得に現在の居住地、福岡から実家のある東京に帰ることが出来ています。
私がよくお世話になっているのは、朝6時出発の、成田空港から福岡空港に飛ぶ便。
成田空港でこの路線をこれだけ早い時間に運航しているのは、ジェットスターだけです。
この時間に成田空港に到着していること自体がハードルが高いのか、この路線の存在自体がとてつもなく有難いだけにとどまらず、この路線の価格は片道7000円台(時期によって異なるかもしれません)と、格安航空の中でもダントツでお得です。

それが8時前後には福岡空港に到着します。
福岡は空港から、中心地、博多へのアクセスが非常によく、ビジネス街にオフィスを構えている企業であれば6時に東京(成田)いたにも関わらず、9時にの始業に間に合ってしまうという、「エクストリーム出社」が可能となります。
東京から福岡の終電や最終便は19時前後ですので、絶対にその日帰らなければいけない、となると結構時間を気にしなければならないのですが、翌朝の早朝に行っても間に合う、という安心感で日曜日の夜も大切な家族や友人とゆっくりと過ごすことが出来ます。
とはいえ、成田空港までの長時間の移動と、空港には少し割高なカプセルホテルかロビーで寝るかの二択しかないので、それは少し大変なところではありますが。

飛行機の旅行が贅沢だったのも昔の話低い料金にはそれなりに理由もある